• 印刷する

テイクオフ:ハビビ元大統領が死去し…

ハビビ元大統領が死去して1週間。インドネシアでは他にも悲しみが続いている。カリマンタンとスマトラ両島の森林火災がその一つだ。ヘイズ(煙害)で飛行機が欠航になったり、隣の国まで影響を与えたりしている。死者まで出たというニュースには言葉を失った。森林火災は昔からの問題だが、解決しないまま年々悪化している。

悲しみはまだ続く。新しい汚職撲滅委員会(KPK)法の成立でKPKが弱体化し、この国から汚職を撲滅するという希望のともしびが消えかけようとしている。法案が可決した瞬間、国民が望む清潔な政府が遠ざかっていくような気持ちになった。海外からの投資に影響が出ないか心配だ。

悲しみは次から次へとやってくるかもしれない。だが、私はわが国がいつかこの状況から立ち上がると信じている。「嵐は必ず去る」。古いインドネシアの歌にあるように。(友)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

外国人入国制限、早期解除を 中国・シンガポールなどで要望強く(07/07)

テイクオフ:世の中が元に戻ったよう…(07/07)

ゴーベト、ゴジェックにブランド名など統一(07/07)

マセラ鉱区からシェル撤退、コロナの影響で(07/07)

米国の照明メーカー、中ジャワ州に工場移転(07/07)

電動バス2台が乗客乗せて試運転、3カ月間(07/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン