• 印刷する

テイクオフ:先月下旬、ようやく就労…

先月下旬、ようやく就労ビザが届いた。フィリピンでよくあるレッドテープ(お役所仕事)に加え、中国人労働者の申請が急増したことで、通常より長く時間がかかったらしい。満3カ月間の待ちぼうけだった。

就労ビザの申請中は、当局への有料の手続きをしなければ、基本的に出国することができない。8月中旬に友人たちとバンコクで集まる計画だったが泣く泣く諦め、彼女たちのフェイスブックを恨めしく眺める羽目に。「合法的に働けることに感謝すべき」ともっともらしく慰められたが、「旅行に誘いづらい」とのクレームも聞こえた。

やっと手に入れたビザも来年3月には更新手続きをしなければならない。手続きには約2カ月必要というから、次回の聖週間(ホーリーウイーク)はフィリピン残留が確定だ。世界最強のパスポートを持っていても、時々囚われの身のように感じてしまう。(西)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナ感染者803人に、死者は54人(03/27)

日本、東南ア7カ国からの入国制限を強化(03/27)

日系企業8割、事業に影響 新型コロナ、在宅勤務などで対応(03/27)

セブ州が移動制限強化、27日から(03/27)

ダバオ市が外出制限措置、4月19日まで(03/27)

新型コロナ感染者707人に、死者は45人(03/27)

国産レーダー比に初輸出へ、三菱電機(03/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン