• 印刷する

テイクオフ:先月下旬、ようやく就労…

先月下旬、ようやく就労ビザが届いた。フィリピンでよくあるレッドテープ(お役所仕事)に加え、中国人労働者の申請が急増したことで、通常より長く時間がかかったらしい。満3カ月間の待ちぼうけだった。

就労ビザの申請中は、当局への有料の手続きをしなければ、基本的に出国することができない。8月中旬に友人たちとバンコクで集まる計画だったが泣く泣く諦め、彼女たちのフェイスブックを恨めしく眺める羽目に。「合法的に働けることに感謝すべき」ともっともらしく慰められたが、「旅行に誘いづらい」とのクレームも聞こえた。

やっと手に入れたビザも来年3月には更新手続きをしなければならない。手続きには約2カ月必要というから、次回の聖週間(ホーリーウイーク)はフィリピン残留が確定だ。世界最強のパスポートを持っていても、時々囚われの身のように感じてしまう。(西)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:毎年恒例の「Qシネマ国…(10/23)

邦銀マネーも東南アにシフト 与信1年で1割増、中韓と明暗(10/23)

税制改革で投資見直し 外資2社が示唆、コスト増懸念(10/23)

商工団体、税制改革法案の細部見直し要求(10/23)

発電所建設計画、太陽光が石炭火力上回る(10/23)

メラルコ電力小売事業、自由化でシェア低下(10/23)

新興スーパー、初のフランチャイズ契約(10/23)

アプリで金融促進、サリサリ130万店に(10/23)

【グラフでみるASEAN】輸出額(8月) 4カ国で前年割れ、ベトナムは過去最高(10/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン