中国の復星集団、インドの不動産市場に参入

中国の投資会社フォースン・グループ(復星集団)がインドの不動産市場に参入する。まずは西部ムンバイが焦点だ。エコノミック・タイムズ(電子版)が20日に伝えた。 ただ、消息筋は、地場不動産開発企業のアフジャ・コンストラクションズと不動産開発の基盤(プラットフォーム)…

関連国・地域: 中国インド
関連業種: 建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

外国人入国制限、早期解除を 中国・シンガポールなどで要望強く(07/07)

テイクオフ:デリー首都圏に立ち並ぶ…(07/07)

ケララ州、州都で1週間の厳格な封鎖を導入(07/07)

80万のインド人、クウェートから強制出国か(07/07)

コルカタ行きの航空便、19日まで一部運休(07/07)

イランの港湾、インド貨物の積み替え開始(07/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン