• 印刷する

《日系進出》藤電機工業、ハナム省に工場新設

自動車の電装品用ワイヤーハーネスの開発・製造などを手掛ける藤電機工業(神戸市)は19日、ベトナム北部ハナム省に新たな工場を開設した。同社の工場は、神戸市、福井県敦賀市、中国・上海に続く4カ所目。神戸市海外ビジネスセンターが発表した。

新工場は、ハナム省のドンバン第3工業団地内に設立。敷地面積は1万1,490平方メートル、建物面積は3,837平方メートル。資本金は224億3,900万ドン(96万米ドル、約1億円)。従業員数は42人からスタートし、生産体制に合わせて順次増員する。主に日本向けに輸出する。

神戸市海外ビジネスセンターは2017年4月に同工業団地のインフラ開発会社と市内企業の進出に対する優遇措置で協定を結んでいる。具体的には、年間管理費が1年間免除されるほか、区画価格の割引が受けられるという。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 自動車・二輪車その他製造

その他記事

すべての文頭を開く

ビンファストがEV発表へ 自動車ショー、15ブランドが出展(10/24)

【アジアを走れ、次世代モビリティー】モータリゼーションめぐる課題解決に向けて(10/24)

ベトナム航空、機材数100機突破(10/24)

【アジアを走れ、次世代モビリティー】日系メーカーの浮沈を握るアジア(10/24)

バンブー航空、B787―9の受領開始(10/24)

ハノイ、都市鉄道延伸やモノレールを計画(10/24)

ダナン市、停滞中の大型案件の計画見直し(10/24)

フエ副首相「不動産ローンの増加警戒」(10/24)

米AES、ベトナムでLNGハブの構築計画(10/24)

業界がブタ輸入停止を要請、豚コレラ懸念(10/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン