• 印刷する

《日系進出》藤電機工業、ハナム省に工場新設

自動車の電装品用ワイヤーハーネスの開発・製造などを手掛ける藤電機工業(神戸市)は19日、ベトナム北部ハナム省に新たな工場を開設した。同社の工場は、神戸市、福井県敦賀市、中国・上海に続く4カ所目。神戸市海外ビジネスセンターが発表した。

新工場は、ハナム省のドンバン第3工業団地内に設立。敷地面積は1万1,490平方メートル、建物面積は3,837平方メートル。資本金は224億3,900万ドン(96万米ドル、約1億円)。従業員数は42人からスタートし、生産体制に合わせて順次増員する。主に日本向けに輸出する。

神戸市海外ビジネスセンターは2017年4月に同工業団地のインフラ開発会社と市内企業の進出に対する優遇措置で協定を結んでいる。具体的には、年間管理費が1年間免除されるほか、区画価格の割引が受けられるという。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 自動車・二輪車その他製造

その他記事

すべての文頭を開く

SARS教訓と統率力で抑制 台・越に高評価、新型コロナ対応(07/06)

ホンダ、新1年生にヘルメット2百万個提供(07/06)

カタール航空やティーウェイ、HCM便再開(07/06)

配車アプリ市場、GVタクシーが新規参入(07/06)

西鉄、ロンアン省に物流事務所を開設(07/06)

韓国エーステック、越工場の増設で追加出資(07/06)

韓国テジン、越にエレベーターロープ初輸出(07/06)

鉄鋼ホアセン、第三者割当増資を計画(07/06)

政府がサベコ株36%を売却へ、全株を放出(07/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン