• 印刷する

テイクオフ:ギンギンに冷えた店内が…

ギンギンに冷えた店内が余計に冷えて感じるのは、流れる曲のせいだろうか。今年も「世界一長い」クリスマスシーズンが始まった。商業施設には既にツリーや電飾が並び、プレ・ホリデーセールまで開催されている。

「バー・マンス(9~12月)はクリスマス一色さ」。ケソン市のダピタン・アーケードで、サンタクロースの置物を販売している男性は言う。普段は雑貨市場だが、この時期が彼らの稼ぎ時。さまざまな店が密集し、装飾品なら何でも手に入る。まだ9月にもかかわらず、家族連れや業者であふれていた。リネンを吟味していた男性は「毎年家族で来ている」と話す。装飾品は基本的に繰り返し使うが、少しずつ新調するのがフィリピン流という。

単なるキリスト教国、だけでは語れない。消費意欲の高さや、家族で集い、祝い事が大好きな国民性も相まって、クリスマスに掛ける気合いも世界一かもしれない。(堀)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:近所のヨガスタジオに通…(10/16)

マニラ湾沿い開発が一部頓挫 計画差し止め申請、影響拡大も(10/16)

9月の新車販売2.3%増、消費持ち直しで(10/16)

比アヤラ、ヨマと合弁で再生エネ市場参入(10/16)

浮動株比率引き上げ、上場100社超に影響(10/16)

家電コンセプション、7~9月は47%増益(10/16)

ケソン高速道とセブ第4橋、計画提出へ(10/16)

12社に業務停止命令、ネットで違法融資(10/16)

農産品の貿易赤字、4~6月は17%縮小(10/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン