【縫製産業の未来】賃金上昇で自動化が急務 識者「労務費の影響ない生産へ」

世界で縫製産業の自動化が進み始めている。縫製品の輸出国である中国や東南・南アジアの賃金が上昇し、電子など他の産業に単純労働者が流れる中で、工場の省人化が急務となっているためだ。専門家からは、「この先自動化が進めば、労働コストに左右されない生産体制の構築が一般的…

関連国・地域: 中国ベトナムカンボジア日本バングラデシュ
関連業種: 繊維IT・通信マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

進む高齢化、地域共生で対策 東南ア「発展途上の老い」(上)(11/12)

1~10月の自動車販売、16%増の26万台(11/12)

カイトエア設立、運輸省の審査通過へ(11/12)

釜山港湾公社、越国営と事業発掘で協力(11/12)

ベトナム航空、米2社と10億ドルの契約締結(11/12)

住宅所有の外国人、大都市中心に800人(11/12)

HCM市の洪水対策、計画の修正が必要(11/12)

韓国土地住宅公社、越中部と提携し都市開発(11/12)

米AES、商工省とCCGT発電所で覚書(11/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン