【カンボジア経済通信】上半期の観光市場、明暗分かれる 第349回

2019年上半期(1~6月)のカンボジアへの観光客数は、順調に増加した。ビーチリゾートで中国化が進む南部シアヌークビルは好調だったが、世界遺産のアンコールワット遺跡がある北西部シエムレアプは減少に転じており、明暗が分かれた。また、経済が低迷している中国・韓国から…

関連国・地域: カンボジア
関連業種: 観光マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナ、新たに5人感染で計248人(08/11)

労組総連合が書簡、支援求め労働省に(08/11)

チクングニア熱、感染疑われる例2千人超に(08/11)

メコン地域の物流調査、貨物への影響軽微(08/11)

テイクオフ:「彼は国に拉致された」…(08/10)

ポイペトの新国境ゲート、早期建設を要請(08/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン