連邦、悪質サービス残業強要の刑事罰化も

オーストラリア連邦政府のモリソン政権は、雇用関係改革の第1弾として、雇用主によるサービス残業の強要に刑事罰を適用し、悪質な場合は最長で禁錮10年の罰則対象も視野に入れた法律改正を検討している。モリソン政権は、移民労働者が搾取されている状況の改善などについて、諮問…

関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:オージーの友人の奥さん…(07/06)

【特別インタビュー】住宅業界から経済復興を 豪住宅産業協会インタビュー(07/06)

シドニーとメルボ、オフィス実質収入が減少(07/06)

VIC州で感染急増、都市封鎖を拡大へ(07/06)

シドニー空港、1日の国際旅客受入を450人に(07/06)

豪5月の小売確定値、規制緩和で16%超増(07/06)

中国の郵送料安に不満、豪中小企が是正要求(07/06)

豪6月新車、6.4%減も11万台以上に(07/06)

〔政治スポットライト〕豪が香港市民の受入れへ、技術ビザが濃厚(07/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン