18年の運用資産額、不動産など代替資産が増加

シンガポールに拠点を置く資産運用会社による運用資産総額は2018年末時点で3兆4,370億Sドル(約270兆5,000億円)となり、前年から5%増加したことが、シンガポール金融管理庁(MAS、中央銀行に相当)が18日発表した統計で明らかになった。株式や債券といった伝統的な資産が減…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(20日正午) 韓国の感染者82人に、2日で51人増(17:43)

労働コスト2.8%上昇、サービス業が押し上げ(17:13)

新型肺炎で企業向けガイドライン、人材省(17:13)

政府がマスク調達多様化、国産化も検討(17:13)

保険各社が新型肺炎特約、無償提供多く(18:12)

建設ボーステッド、太陽光サンシープと提携(17:13)

ASEAN、新型肺炎対策での結束確認(17:10)

テイクオフ:シンガポールでも、新型…(02/20)

ネットワーク化で需要先取り 宇宙ベンチャーの挑戦(下)(02/20)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(19日正午)(02/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン