• 印刷する

8月の訪日韓国人5割減、日韓関係悪化で

日本政府観光局(JNTO)が18日発表した訪日外国人旅行客の統計によると、2019年8月に日本を訪れた韓国人客数は前年同月比48.0%減の30万8,700人(推計値)だった。日本による韓国への輸出管理強化への抗議として始まった韓国での「ボイコットジャパン」運動が響いた。

訪日韓国人客数は2016年5月以来、3年3カ月ぶりの低水準。8月ベースでは14年以来で最低となった。日本国内で自然災害が相次いだ昨年下期から前年同月を割る月が多くなっていたが、ボイコット運動の広がりで、需要はさらに縮小した。

1~8月累計は473万3,100人と前年同期比で9.3%減少した。昨年は通年で754万人まで拡大したが、今年は600万人にも満たない可能性が出てきた。

8月の訪日外国人旅行客の総数は、前年同月比2.2%減の252万100人と、11カ月ぶりに前年同月を下回った。韓国人客の急減が続けば、通年でもマイナスを記録する恐れもある。


関連国・地域: 韓国日本
関連業種: 運輸観光マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

SKインフォが中国現法、系列向けに供給(15:07)

イースター航空に売却説、日本路線など不振(14:10)

インドネシアとCEPA合意 来年発効、鉄鋼・自動車に恩恵(10/18)

ロッテ会長が執行猶予付き有罪、安定経営へ(10/18)

韓国カカオ、越でグラブ利用サービスを開始(10/18)

日本製品不買、政府など公共機関でも拡大(10/18)

サムスンのブランド価値、世界6位(10/18)

9月の自動車産業、生産と輸出が低迷(10/18)

現代自の電動車販売、トヨタに次ぐ2位(10/18)

群山にEV拠点、政府の共生型雇用地域に(10/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン