失業率、年末にかけ3.5%まで上昇恐れ

香港の専門家の間で雇用情勢の悪化を懸念する声が広がっている。「逃亡犯条例」改正案に端を発した抗議活動の影響で、小売りや観光を中心に経営環境が悪化しているためだ。複数の専門家は抗議活動がこのまま収束しない場合、失業率が年末にかけ3.3~3.5%まで上昇すると予測してい…

関連国・地域: 香港
関連業種: 食品・飲料小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

8月民間住宅着工は2戸、今年2番の低水準(13:58)

テイクオフ:例年、秋から年末にかけ…(10/22)

【日本の税務】中国との社会保障協定の発効について(10/22)

テイクオフ:仕事で外出した際、たま…(10/22)

保険業界、収益の多様化急ぐ 3Qの本土客契約は2桁減に(10/22)

「保険通」具体案発表、据置年金など対象に(10/22)

ネット保険の安我、3~4年で黒字化見込む(10/22)

反発、薄商いで小幅上昇=香港株式(10/22)

陳財政長官、経済対策「第3弾」を検討(10/22)

香港成長率マイナス0.8%に、モルスタ予測(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン