• 印刷する

テイクオフ:半年前に手のひらの切開…

半年前に手のひらの切開手術を受け、最近、定期診察のために公立病院へ行った。診察室に呼ばれて座っていると、研修医が現れどうしてここにいるのかと聞いてきた。「診察に決まっている」と言いかけたが、3月からの手術に至る経緯を説明した。

すぐに、研修医の指導医らしき男が入ってきて、また同じことを聞いてきた。こちらの答えを聞いて、研修医にカルテの書き方を指導し始める。どうも自分は練習台らしい。2人が去ると、別の医師が現れ、また診察に至る経緯を聞いてきた。何回も同じことを尋ねられたが、愚直に同じことを答えた。彼は、手術を担当した手外科の大御所が来るから待てという。

30分後に彼女が現れると、またどうして病院にいるのか尋ねてきた。医者間の情報伝達が悪いのか、それともこちらの忍耐を測る実験だったのだろうか。(欣達)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 医療・医薬品社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

【日本の税務】中国との社会保障協定の発効について(10/22)

テイクオフ:大型台風が日本を襲い、…(10/22)

豪政府、インフラ開発進まず 割り当ての6%のみ拠出(10/22)

NSW州、GST課税範囲拡大など提言へ(10/22)

経済刺激は労使関係改善で=豪財務相(10/22)

〔政治スポットライト〕豪世論調査、与党保守連合のリード維持(10/22)

豪政府、中小企輸出増へ補助金枠組見直し(10/22)

デジタルワレット、送金事業に参入(10/22)

〔ポッサムのつぶやき〕豪主要紙1面真っ黒、報道自由制限に抗議(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン