• 印刷する

テイクオフ:テレビを見なくなったの…

テレビを見なくなったので明日の天気も分からない――。日本で暮らす専業主婦の韓国人の知人はこう漏らす。日韓関係の悪化に伴い、情報番組などでは「韓国ネタ」が増えている。「憂鬱(ゆううつ)な気分になる」ため、1人で家にいる時はテレビをつけないという。

特に8月後半からは、「タマネギ男」と呼ばれる曺国(チョ・グク)氏に対する日本の報道が過熱した。情報番組で韓国ニュースを扱った時間は、韓国が日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を破棄した週に比べても2倍以上増えたようだ。

日本人が曺氏の問題に関心を持つ理由に、イケメンなビジュアルを挙げる見方がある。最近では「美しすぎる議員」こと韓国自由党の羅卿ウォン院内代表が週刊誌などで取り上げられ始めている。興味深い韓国ネタが新たに出てくれば、日本にいる知人のテレビ離れもしばらく続くことになる。(公)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(20日正午) 韓国の感染者82人に、2日で51人増(17:43)

新型肺炎で国内初の死者、感染者104人に(19:20)

SK社員が肺炎患者接触、800人自宅待機に(17:56)

サムスン電子、ベトナムのパネル工場増強へ(18:03)

清州の市民団体、SKのLNG施設に反発(18:14)

テイクオフ:韓国の友人の家では年に…(02/20)

新型肺炎の感染、20人急増 経路つかめず、大邱に不安広がる(02/20)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(19日正午)(02/20)

大気汚染物質の観測衛星打ち上げ、世界初(02/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン