AGL機関投資家、石炭火電の継続を支持

オーストラリアのエネルギー大手AGLエナジーの保有する石炭火力発電所について、同社株主の間では早期閉鎖を求める声と現状維持を求める声が対立している。多数の機関投資家が収益悪化を懸念し、早期閉鎖に反対しているもようだ。18日付オーストラリアン・ファイナンシャル・レ…

関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 天然資源電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

【日本の税務】中国との社会保障協定の発効について(10/22)

テイクオフ:大型台風が日本を襲い、…(10/22)

豪政府、インフラ開発進まず 割り当ての6%のみ拠出(10/22)

NSW州、GST課税範囲拡大など提言へ(10/22)

経済刺激は労使関係改善で=豪財務相(10/22)

〔政治スポットライト〕豪世論調査、与党保守連合のリード維持(10/22)

豪政府、中小企輸出増へ補助金枠組見直し(10/22)

デジタルワレット、送金事業に参入(10/22)

〔ポッサムのつぶやき〕豪主要紙1面真っ黒、報道自由制限に抗議(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン