• 印刷する

無給休暇、9月中旬は今年最高の34事業者

台湾労働部(労働省)によると、従業員に給与を支払わず休暇を強制取得させる「無給休暇」を通知・実施した事業所は9月15日時点で8月末より1カ所多い34カ所となり、今年の過去最高を更新した。無給休暇の対象人数は1,950人で、8月末に比べ307人減少した。工商時報が伝えた。

産業別に無給休暇の対象人数を見ると、金属機電業が12カ所・1,268人で最多。以下、情報電子工業の6カ所・357人、サービス業を含むその他産業の14カ所・289人となった。無給休暇を通知・実施した事業所は、対象者数が50人以下で、期間は3カ月を超えておらず、休暇は月4日以下が平均値という。

今年7月末の時点で、無給休暇通知・実施した事業所は20カ所。しかし、米中貿易摩擦の影響で生産体制の見直しを迫られる企業が増え、8月末には通知・実施した事業所が33カ所に急増、対象者数も2,257人に上った。


関連国・地域: 台湾
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:かつては軍事船舶が停泊…(10/23)

オフィス市場が活況 回帰投資の需要増で、建設加速(10/23)

ベライゾン、中華電信と5Gで提携(10/23)

9月のスマホ販売数、iPhone11が首位(10/23)

台湾アビジョン、コピー機3000台の設置計画(10/23)

ゴゴロが台北でシェアサービス、域内2都市目(10/23)

ジーンズの如興、香港企業の株式67%取得(10/23)

ワクチン受注増で通年黒字化へ、国光生技(10/23)

一之軒、AIパン判別システムを台湾初導入(10/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン