タタIT、米GMの技術要員1300人受け入れ

インドのITサービス大手タタ・コンサルタンシー・サービシズ(TCS)は16日、米ゼネラル・モーターズ(GM)が南部ベンガルール(バンガロール)に置く技術センターの従業員1,300人余りを受け入れると発表した。 従業員の転籍は、両社による5年間のエンジニアリングサービス…

関連国・地域: インド米国
関連業種: 自動車・二輪車IT・通信雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

SARS教訓と統率力で抑制 台・越に高評価、新型コロナ対応(07/06)

テイクオフ:中国との国境で緊張が続…(07/06)

隣国への自動車輸出激減、各社は戦略見直し(07/06)

商用車アショク、当面は輸出と小型を焦点に(07/06)

衛星通信ワンウェブ、印社と英政府が取得へ(07/06)

ティックトック禁止、親会社60億ドル損失か(07/06)

鴻海の印2工場、中印衝突で業務停滞か(07/06)

ITコグニザント、最低数百人の人員整理(07/06)

通信ジオに相次ぐ投資、米インテルも参加(07/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン