• 印刷する

新首都の設計、2段階のコンペで決定

インドネシアのバスキ公共事業・国民住宅相は、東カリマンタン州に建設される新首都のデザインを国内外から公募する方針を示した。間もなく応募の受け付けを開始する。ジャカルタ・ポスト(電子版)が17日伝えた。

公共事業・国民住宅省によると、デザインコンペは2段階に分けて実施する。最初の段階は、国内でデザインを募り、5カ月以内に3案を選出。次の段階では、海外勢にも門戸を開き、候補となった3案をさらに改善させるデザインを募集、その中から一つを選ぶ。現在は、コンペの審査員の選定を進めている。 

ジョコ・ウィドド大統領は8月末、首都の移転先を東カリマンタン州クタイカルタヌガラ県と、北プナジャムパスル県の一部の地域と発表した。政府は、首都の移転に必要な費用を466兆ルピア(約3兆5,820億円)と試算。国家予算を拠出するのは道路など一部のインフラ整備のみとし、その他は官民連携事業(PPP)などで賄う方針だ。

新首都の建設は2020年末から始動する。

バスキ氏は13日、バリ島で開催されたインドネシア建設業協会(AKI)の開会式で、建設事業者らに新首都建設事業への参画と投資を呼び掛けた。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

東南アジアの成長率予測、5カ国で下方修正(19:27)

バンドン、使い捨てプラ消費削減の条例公布(21:57)

西カリマンタンの新国際港、20年に部分開港(21:57)

インドサット、テルコムなどに通信塔売却(22:05)

テイクオフ:「一時帰国するの? パ…(10/16)

工業団地販売、昨年実績超え 米不動産報告、入居企業が拡張(10/16)

来年のジャカルタ最低賃金、来週にも決定(10/16)

投資阻害の法令18本、今週中に撤廃か簡素化(10/16)

中小スタートアップ、人材引き留めに苦慮(10/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン