【ASEAN戦略】三菱地所がオフィス開発加速 大型案件に参画、旺盛な需要狙い

三菱地所が東南アジアでオフィスビルの開発を加速している。2016年以降、ミャンマーやインドネシア、フィリピン、タイで大型オフィス案件への参画を表明。いずれも同社にとって各国で初めてのオフィス事業だ。堅調な経済成長に伴う域内の旺盛なオフィス需要を取り込むのが狙い。海…

関連国・地域: タイベトナムミャンマーマレーシアシンガポールインドネシアフィリピン日本
関連業種: 建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:一緒に暮らす義母が、毎…(06/15)

アジアの海洋保全促進へ ADBと中国処理大手が提携(06/15)

7~9月の企業景況感、2四半期連続プラス(06/15)

豪、日独シンガポールと水素産業協力を進展(06/15)

米シティ現法、中小企業向けサービスを終了(06/15)

飲食業の料理宅配支援策、1カ月延長(06/15)

鴻海、半導体シルテラに間接出資(06/15)

ゴルフ会員権価格、引き続き上昇(06/15)

EV充電設備チャージ+、現地企業と提携(06/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン