• 印刷する

テイクオフ:韓国は本来、漢字圏の国…

韓国は本来、漢字圏の国だが、現在は日常で漢字を使うことはほとんどない。かつては新聞でも漢字を使っていたが、90年代の終わりごろから固有の文字である「ハングル」を尊重しようと漢字を排除してしまった。

しかし、今でも「漢字支持派」と「ハングル支持派」による論争は続いている。中には外来語を極力使わないようにする「ハングル純化」運動を起こす者もおり、特に日本語由来の単語がターゲットになりがちだ。建設現場で働く労働者を指す「ノガダ(土方の韓国語訛り)」や「ムデポ(無鉄砲)」など、やり玉に挙がった日本語由来の言葉は枚挙にいとまがない。

若者言葉など新しい単語が次々と登場するのは当地も変わらない。「言葉は常に変化するもの」であるだけに、特定の単語を「排除」するのではなく、「共生」する道を探ることが何より重要ではないか。(岳)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ネットマーブル、熊津コーウェイ買収へ(21:12)

サムスンペイ、DANAとゴーペイと提携(20:55)

テイクオフ:買わない・売らない・行…(10/14)

韓国で電動キックボード加速 大企業が投資、米ライムも上陸(10/14)

双竜自がサウジで組み立て、年3万台目標(10/14)

対立長期化へ、輸出規制巡るWTO手続きで(10/14)

起亜のSUVセルトス、予約が5万台突破(10/14)

現代自、米ADAS企業に投資(10/14)

現代自が469万台リコール、エンジン欠陥で(10/14)

新ナンバーが追い打ち、日本車の不買運動(10/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン