• 印刷する

広島銀ハノイ事務所、製造や環境の進出支援

広島銀行のハノイ駐在員事務所が17日、開所した。同国には拠点数ベースで県内企業約100社が進出しており、製造業が最も多く、サービス、アパレル関連などが続く。工業地帯が広がるハノイ首都圏を拠点に、県が目指す環境技術のアジア展開などでも、事業構築を支援していく。

在ベトナム日本大使館の岡部大介公使、広島銀の坂井浩司執行役員、ハノイ駐在員事務所の中山紘所長がテープカットした。同行にとって、中国・上海、タイ・バンコク、シンガポールに続く海外4カ所目の事務所となった。

広島県のベトナム進出企業数は、北部のハノイ首都圏が約40社、南部のホーチミン経済圏が約60社。南部の方が多いが、「ホーチミン市周辺は取得可能な土地が少なく、新規進出では北部の可能性の方が大きい」(中山氏)。「ハノイは(ホーチミン市より)10年遅れている」(同行の増井慶太郎・国際営業部長)中でも、情報収集や進出企業支援の将来性があるとみている。

坂井氏は、今後は環境分野のベトナム進出も増えると指摘。県は2011年に制定した「ひろしま産業新成長ビジョン」の中で「環境浄化分野」のベトナムやインドネシアなど海外への進出をサポートしている。ベトナムに拠点を設けたことで、県の取り組みを支えていく考えだ。

18年10月末時点の広島県の外国人労働者数は、ベトナム人が中国人を上回り最多となった。研修生などとして広島で働いたベトナム人材を活用し、同国で事業を構築しようとする機運もある。同行は、ベトナムと広島の経済交流の促進を積極的に進めていく。

広島銀行のハノイ駐在員事務所が開所した。左から、同行の坂井執行役員、在ベトナム日本大使館の岡部公使、広島銀ハノイ駐在員事務所の中山所長=17日、ハノイ

広島銀行のハノイ駐在員事務所が開所した。左から、同行の坂井執行役員、在ベトナム日本大使館の岡部公使、広島銀ハノイ駐在員事務所の中山所長=17日、ハノイ


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: その他製造金融マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

阪急阪神不、ハイフォンの物流倉庫に出資(07/03)

下期景気、4割が上向き予想 日系企業、制限緩和で底打ち期待(07/03)

中部高原―中南部高速、国の計画案に追加へ(07/03)

HCMの住宅販売、4~6月は2倍の569戸(07/03)

韓国土地住宅公社、北部に工業団地造成へ(07/03)

フンイエン省工業団地3件、国の計画に追加(07/03)

フエ省でLNG火発計画、投資額62億ドル(07/03)

韓国暁星、越法人の債務43億円保証(07/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン