• 印刷する

テイクオフ:乾燥した長い冬が終わり…

乾燥した長い冬が終わり、シドニーにもようやく春が訪れつつある。週末に自宅にいると、ひっきりなしにチュンチュンと鳥の声が聞こえるので外に出てみると、ベランダの前にある高木のてっぺん付近に鳥の巣らしきものが見え、どうやらそこに1羽、生まれたてのひな鳥がいるようだ。

まだ生まれて間もないのか声は小さいが、成長するにつれ「エサくれ、エサくれ」という鳴き声も大きくなるだろう。春の風物詩とも言える光景だ。

その日以来、親らしき2羽の鳥は朝から晩まで休むことなく飛び続け、ひな鳥にエサを運んでいる。数日後には別の方向にある木から違うひな鳥の声が聞こえてきて、それぞれの親鳥が毎日、あわただしく飛び交い始めた。なんだか、わが子が生まれた直後の自分を見ているようで同情しつつ、ひなたちが飛び立つ日を今から楽しみにしている。(桜月)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:オージーの友人の奥さん…(07/06)

【特別インタビュー】住宅業界から経済復興を 豪住宅産業協会インタビュー(07/06)

シドニーとメルボ、オフィス実質収入が減少(07/06)

VIC州で感染急増、都市封鎖を拡大へ(07/06)

シドニー空港、1日の国際旅客受入を450人に(07/06)

豪5月の小売確定値、規制緩和で16%超増(07/06)

中国の郵送料安に不満、豪中小企が是正要求(07/06)

豪6月新車、6.4%減も11万台以上に(07/06)

〔政治スポットライト〕豪が香港市民の受入れへ、技術ビザが濃厚(07/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン