来年の最低賃金上昇率、7%台に低下も

インドネシアの経済界は、来年適用される州最低賃金(UMP)が今年の引き上げ率である8.03%を下回り、7%台になると予測した。国内の経済成長が依然として鈍化していることや、特に労働集約型産業への投資が伸び悩んでいることを理由に挙げた。16日付ビスニス・インドネシアが…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 電機マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

国内タイヤ工場、上半期の稼働率は6割(21:10)

国営建設WIKA、下半期は受注高5倍目標(21:10)

テイクオフ:インドネシアで新学年が…(08/13)

コロナ禍の観光地、開発急ぐ 長期影響を視野に整備・客誘致も(08/13)

スズキ現法、7月輸出台数は前月比4倍(08/13)

バリ島に次世代交通網整備、国鉄が協議(08/13)

首都空港にヘリポート、23日に運用開始(08/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン