• 印刷する

人材育成活動に200%控除、細則規定施行

インドネシア財務省はこのほど、人材育成や研究・開発(R&D)に注力する企業に対して税優遇措置を付与することなどを定めた、法人所得税(PPh)の免税措置に関する政令『2019年第45号』の細則規定を施行した。財務相令『19年第128号』として6日に公布、9日に施行した。

人材育成に関連した支出に対して最大200%の控除を認めることを規定した。財務相令によると、人材育成関連の支出の控除は、まず費用の100%を総所得から差し引き、特定の条件を満たせばさらに最大100%を追加控除する。

追加控除を受けるには、(1)対象となる特定技能について人材育成活動を実施済み(2)専門学校や職業訓練校、職業安定所などと協力関係を保有している(3)当該税務年度が赤字ではない(4)納付完了証明(SKF)を提出済み――の四つを満たしていることが条件となる。

所得控除の対象となる特定技能は、職業訓練校では製造(73種類、以下種類省略)、医療(7)、農業(30)、観光・クリエーティブ(17)、大学・専門学校で製造(124)、医療(31)、農業(64)、観光・クリエーティブ(26)、デジタル経済(23)、公的職業訓練機関などで製造(19)、農業(15)、観光・クリエーティブ(13)、デジタル経済(7)、移民労働者(4)と規定した。

政令『19年第45号』ではこのほか、研究・開発費の支出に対して最大300%の控除を認めるとも規定したが、現在までに細則規定は公布されていない。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 電機マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「私の携帯番号は081…(10/24)

【アジアを走れ、次世代モビリティー】モータリゼーションめぐる課題解決に向けて(10/24)

ジョコ2期目政権始動へ 若手、専門家、政党調和の新内閣(10/24)

【アジアを走れ、次世代モビリティー】日系メーカーの浮沈を握るアジア(10/24)

「進む内閣」、主要ポストの多くが留任(10/24)

東芝、地熱発電のトラブル予兆診断を実証(10/24)

住商が首都郊外に第2倉庫、11月稼働へ(10/24)

ガルーダ、21年から貨物輸送に無人機導入(10/24)

グラブ、年内に健康相談と保険の新サービス(10/24)

インドネシアの鋼材、貿易救済局が調査(10/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン