• 印刷する

テイクオフ:北部ジャム・カシミール…

北部ジャム・カシミール州のラダックを訪れ、同州の「自治権はく奪」は、ラダックの人々にとっては喜ばしい結果につながるのだと知った。教えてくれたのは、ラダック人の旦那さんとともに現地で民宿を経営する日本人女性だった。

同州の主導権はカシミール地方とジャム地方が握る。ラダック地方は政治的にも予算的にも取り残されがちで発展が難しく、人々はずっと、歯がゆい思いをしてきたそうだ。

ラダックは10月に、連邦直轄地(UT)として生まれ変わる予定。「ラダック人は1989年からUT化を訴えてきたので、30年かけて夢をかなえたことになる。カシミールに気を遣わずに自治ができるというのは、彼らにとっては全く違う世界になることのようです」と彼女は言う。

どの立場で物事を見るかで、一つのニュースのとらえ方がこんなに変わるなんて。この国の複雑さを、改めて感じる。(天)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:店先でお釣りに紫色の札…(10/24)

【アジアを走れ、次世代モビリティー】モータリゼーションめぐる課題解決に向けて(10/24)

鉄道展で日本品質をアピール 技術力と価格の両立が課題(10/24)

鴻海、iPhoneXRのインド生産量300万台に(10/24)

グラシム、独送配電機器メーカーと合弁設立(10/24)

防犯カメラのCPプラス、生産能力を増強(10/24)

ビスタラ、日・米路線でコードシェア(10/24)

タタ傘下の航空2社、昨年度に赤字幅が拡大(10/24)

起亜自が勤務シフトを追加、セルトス好調で(10/24)

インドネシアの鋼材、貿易救済局が調査(10/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン