• 印刷する

サウジ石油施設への攻撃、影響大=外相

サウジアラビアの石油関連施設が攻撃された事件で、フィリピンのロクシン外相は15日、ツイッター上で「フィリピンにも大きな影響が出る」と投稿し、懸念を示した。原油の不足や価格の高騰が大きな影響を与えるとの見方を示している。

フィリピンは燃料の大半を輸入に頼っている。サウジアラビア東部で14日、国営石油会社サウジアラムコの石油施設2カ所が無人機により攻撃された。イエメンの親イラン武装組織フーシ派が犯行声明を出した。

ニューヨーク原油先物相場では15日、原油供給が滞るとの懸念から急騰し、時間外取引で一時約1バレル=63米ドル(約6,780円)台をつけた。


関連国・地域: フィリピン中東
関連業種: 天然資源社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:近所のヨガスタジオに通…(10/16)

マニラ湾沿い開発が一部頓挫 計画差し止め申請、影響拡大も(10/16)

9月の新車販売2.3%増、消費持ち直しで(10/16)

比アヤラ、ヨマと合弁で再生エネ市場参入(10/16)

浮動株比率引き上げ、上場100社超に影響(10/16)

家電コンセプション、7~9月は47%増益(10/16)

ケソン高速道とセブ第4橋、計画提出へ(10/16)

12社に業務停止命令、ネットで違法融資(10/16)

農産品の貿易赤字、4~6月は17%縮小(10/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン