来年度は連邦赤字逆戻り、エコノミストが懸念

オーストラリアのエコノミストの間で、連邦政府の黒字化は本年度の70億豪ドル(約5,203億円)を頂点に、また赤字に戻るとの懸念が広がっている。モリソン政権は来年度以降の黒字継続を予想しているが、大型減税やインフラ拠出拡大などの景気刺激が奏功しなければ、財政赤字が再び続…

関連国・地域: オーストラリア
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

【日本の税務】中国との社会保障協定の発効について(10/22)

テイクオフ:大型台風が日本を襲い、…(10/22)

豪政府、インフラ開発進まず 割り当ての6%のみ拠出(10/22)

NSW州、GST課税範囲拡大など提言へ(10/22)

経済刺激は労使関係改善で=豪財務相(10/22)

〔政治スポットライト〕豪世論調査、与党保守連合のリード維持(10/22)

豪政府、中小企輸出増へ補助金枠組見直し(10/22)

デジタルワレット、送金事業に参入(10/22)

〔ポッサムのつぶやき〕豪主要紙1面真っ黒、報道自由制限に抗議(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン