• 印刷する

テイクオフ:自動車や食品・日用品(…

自動車や食品・日用品(FMCG)業界が不振に苦しむインドでは、失業が深刻な問題になりつつある。興味深いことに、最も打撃を受けている業界の一つがニュースメディアだ。オンラインのニュースサイトや新興ニュースチャンネルが閉鎖し、失業者の増加に拍車をかけている。運営中のニュースサイトでも、スタッフの削減を通じて生き残りを図る努力が見られる。

政権に対して批判的なメディアほど、経営が厳しいという特徴もある。こうしたメディアには、政府の広告が入りにくいためだ。だが苦境にあっても、ジャーナリスト魂は失われていない。職を失った一部のジャーナリストは、ユーチューブに独自のチャンネルを設置し、官製不況だと現政権を攻撃し始めた。フェイスブックやツイッターなどのソーシャルメディアでは、より活発に政権批判を展開している。(虎)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:中国系の59種類のアプ…(07/13)

タイヤ大手が業績悪化 需要減で各社コスト削減に努力(07/13)

カンボジア、インドとのFTA締結視野(07/13)

タイヤ原料大手、チェンナイで新工場建設(07/13)

タタ自の世界販売、4~6月は64%減(07/13)

メルセデスの販売、上期は3千台に半減(07/13)

鴻海、インド南部にアイフォーン工場か(07/13)

ホンダ二輪、オンライン予約を開始(07/13)

日立ABB、機関車用変圧器12億ルピー受注(07/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン