新車検査施設を23年までに拡張、EV対応で

インドネシア政府は、西ジャワ州ブカシ県チビトゥンにある新車の型式認証検査施設を拡張し、電気自動車(EV)や電動バイク関連の設備を充実させる。拡張工事は官民協業で行う方針。2020年に着工し、23年の完成を目指す。総事業費は1兆6,000億ルピア(約123億円)。12日付ビスニ…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 自動車・二輪車電機建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「この先ビューポイント…(02/17)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(16日正午) 世界で感染拡大、欧州で初の死者(02/17)

【この人に聞く】アズビル、提案力と人材強化 事前察知のソリューション提案へ(02/17)

スズキ四輪、新型SUV「XL7」を発表(02/17)

日野自動車、現地販社の新社長に内田氏(02/17)

ダイハツ、1月の小売り台数は10.4%減(02/17)

財務省が自動車炭素税を検討、業界は反発(02/17)

日本政府、漁業と防災分野で資金供与(02/17)

パティンバン港連絡橋、国営建設2社が受注(02/17)

MRT第2期工事、全駅で公共バスと接続(02/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン