• 印刷する

アポロタイヤ、新車市場低迷も投資を継続

インドのタイヤ大手アポロ・タイヤズは12日、新車市場の動向にかかわらず、投資を継続していく方針を明らかにした。

アジア太平洋・中東・アフリカ地域の研究開発(R&D)部門トップを務めるスベンドラ・バクシ氏によると、国内の新車市場は低迷しているものの、タイヤ交換と輸出の需要で販売を補えるという。バクシ氏はNNAの取材に対し、「アンドラプラデシュ州に建設中の新しい工場を含め、今年度(2019年4月~20年3月)の投資額は300億ルピー(約450億円)に上る」と語り、投資に意欲的な姿勢を強調した。電気自動車(EV)用タイヤのR&Dについては、「EV用に変更が必要な部分は少ない」とコメントした。

アポロタイヤは12日、スポーツタイプ多目的車(SUV)向けに開発した新型タイヤ「アポロ・アプテラAT2」を発表した。

アポロ・タイヤズが発表したSUV向けの新型タイヤ=12日、インド・首都ニューデリー(NNA撮影)

アポロ・タイヤズが発表したSUV向けの新型タイヤ=12日、インド・首都ニューデリー(NNA撮影)


関連国・地域: インド
関連業種: 自動車・二輪車その他製造

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本では10月からの消…(10/18)

日本ブランドの家電、印で生産 地場が山水とナカミチを発売(10/18)

バジャジ、来年1月に電動スクーター発売(10/18)

ダイムラー、BS6対応パワートレイン生産(10/18)

MGモーター、EV充電で新興企業と提携(10/18)

バッテリーのエキサイド、eリキシャ市場に参入(10/18)

ブルースター、エアコンでシェア15%目標(10/18)

インドの携帯電話工場、半数超が操業停止(10/18)

インターネット企業、7~9月に40億ドル調達(10/18)

京セラ、東部オディシャにIT専門学校を開設(10/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン