• 印刷する

高齢化社会を支える若年層の貧困に懸念

タイでは高齢化が進んでいるが、それを支える若年層の貧困が懸念されている。専門家らは、貧困を克服するには教育が重要と訴えた。12日付バンコクポストが報じた。

国家経済社会開発委員会(NESDC)と国連児童基金(ユニセフ)が11日発表した「子どもの多次元貧困指数(MPI)」によると、これから労働市場に入る若年層の42%が、教育レベルが低く、貧困の状態にある。調査は2005年から16年にかけて実施され、経済のほか、教育、児童福祉、生活水準、健康などの状況を指数化した。報告書では、05年から16年にかけて、子どものMPIは低下しているとしながらも、政府は新たな取り組みを続けるべきと提言している。

NESDCのトサポン長官は、高齢化社会を支える若年層の貧困克服のため、教育が重要と主張した。

報告書によると、子どもの貧困率が高いのは東北部。教育レベルが高いのは、南部サトゥン県だった。

子どものMPIは、英オックスフォード大学の協力で開発。タイはこの指数を開発した世界で最初の1カ国になった。


関連国・地域: タイ
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

市中感染者2251人、制限緩和を検討(14日)(05/14)

長城汽車、タイ参入モデル「ハーバル」公開(05/14)

eスポーツが急拡大の兆し 巣ごもりで拍車、雇用創出期待も(05/14)

市中4871人で最多、刑務所で集団感染(13日)(05/14)

EV充電シャージ、市場規模490億円を予測(05/14)

物流JWD、1Qは50.6%の増益(05/14)

工業団地WHA、公益好調で1Qは38%増益(05/14)

不動産AP、低層住宅好調で1Qは7割増収(05/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン