• 印刷する

双日と大阪府提携、東南ア2カ国進出で優遇

双日は12日、ベトナムとインドネシアで運営する工業団地に入居する企業への優遇付与で、大阪府と協定書を交わしたと発表した。府内のメーカーは、賃貸工場を借りる際、賃料の減額などを受けられる。

ベトナム南部ホーチミン市の東40キロ地点のドンナイ省ロンタン地区・ロンドゥック工業団地、インドネシアの首都ジャカルタの東45キロ地点の西ジャワ州ブカシ県・GIIC工業団地における賃貸工場に入居する府内企業に対し、双日が優遇措置を講じる。企業は、延べ床面積1,000平方メートルを借りる場合、1年間で72万~110万円程度を節約できる。賃料は、ベトナムが1カ月間無料、インドネシアが1年間10%減額(賃料が月60万円の場合、6万円×12=72万円の減額)となる。

双日は大阪府のほか、群馬県、愛知県、神戸市、ひょうご産業活性化センターとも同様の協定を結んでいる。日本の各機関とともに、企業の海外進出を支援していく。


関連国・地域: ベトナムインドネシア日本
関連業種: その他製造建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

越の騒音・難聴問題に挑む リオン社長「国と新モデル構築」(09/19)

フエ病院に聴覚検査ルーム、リオンが支援(09/19)

東南アの訪日者、8月は5カ月ぶり2桁成長(09/19)

配車アプリ車政令、表示灯義務案が再浮上(09/19)

ハノイメトロ、中国社に開業時期の明示求む(09/19)

HCM市住宅不足が深刻、早急な対策必要(09/19)

住宅メーカーのカバヤ、越で大工育成へ(09/19)

HCM―モクバイ間高速案件、両省市が合意(09/19)

19年の電力需要、9.9%拡大へ=EVN(09/19)

電機アサンゾが操業再開、疑惑で損失47億円(09/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン