北越と理文造紙、30億ドル開発計画=地元紙

総合製紙の北越コーポレーションと中国同業の理文造紙(リー・アンド・マン・ペーパー・マニュファクチャリング)の2社からなるコンソーシアムは11日、北中部ハティン省に30億米ドル(約3,240億円)規模の複合生産拠点の開発認可を要請した。ただ、省当局は用地確保や雇用創出の効…

関連国・地域: 中国ベトナム日本
関連業種: 医療・医薬品その他製造建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:菅義偉首相が10月に初…(11/27)

無印良品、越1号店オープン 東南アで最大、ハノイ出店も計画(11/27)

原田産業、「代替肉」をベトナム投入へ(11/27)

IDSエクイティ、オーシャンの支配株主に(11/27)

エネ開発に外資吸引力問われる、改革を(11/27)

バンフォン経済区、LNG投資で国内外注目(11/27)

ビンソン製油、HNXへの上場を中止(11/27)

家具製造、輸出好調も国内市場は置き去り(11/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン