「連立の要」麻薬密輸か、豪で服役と報道

【バンコク共同】オーストラリアのシドニー・モーニング・ヘラルド紙は11日までに、タイのプラユット連立政権の副大臣が過去に麻薬密輸の罪で、オーストラリアで服役していたと報じた。約20の政党から成る政権樹立の立役者で「連立の要」とされる人物。プラユット首相は不問に付す…

関連国・地域: タイ
関連業種: 政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

【ASEAN戦略】徳育や科学実験で市場取り込み 学研、域内で新規進出も検討(17:26)

救援機で帰還のミャンマー人、2千人余りに(15:58)

テイクオフ:世の中には社交的な人も…(05/25)

4月車販売、65%減の3万台 内需回復には政府支援が不可欠に(05/25)

JC航空、7月からチェンマイ直行便を運航(05/25)

2020年4月のタイの新車販売台数(表)(05/25)

物品税半減を要請、市場刺激策で=FTI(05/25)

インド二輪ロイヤル、販売店の増設加速(05/25)

非常事態宣言、6月末まで再延長見通し(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン