• 印刷する

上海にクルーズ旅行モデル区、中国初

上海市政府は10日の記者会見で、同市に中国初のクルーズ旅行発展モデル地区を整備する計画が中国文化観光省から承認を得たと明らかにした。同市宝山区にある呉淞口国際クルーズ港を旅客受け入れ数で世界3位以内に入るホームポート(母港)にする目標を掲げる。

モデル地区の整備を進めるに当たり◇サービスの向上◇市場の健全な発展◇クルーズ船の設計・建造◇制度の刷新――の4分野に注力する。サービス向上では関連設備の改善や監督体制を見直す。市場の健全な発展に向けては、クルーズ旅行商品の拡充に加え、ターゲット層を広げたり、差別化したりした旅行商品の開発を進める。また、国内外の造船関連会社を誘致して修理や建造の産業クラスターを形成する。

このほか、クルーズ旅行市場の拡大に向けた取り組みの一環としてクルーズ港に免税店を設置する。クルーズ港に免税店が併設されるのは中国で初めて。売り場面積は1,600平方メートルで、11月までのオープンを目指す。

上海では10月9~11日にクルーズ関連見本市「シートレード・クルーズ・アジアパシフィック」が開催される。同市は見本市でモデル地区構築の促進方案や3カ年行動計画を発表する予定。


関連国・地域: 中国-上海
関連業種: 運輸小売り・卸売り観光マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

経済斜陽化論の火消しに躍起 政府、安全法は「投資環境強化」(05/26)

テイクオフ:動画アプリを見ていたら…(05/26)

20年の製造業生産額5%減へ コロナ足かせ、米中摩擦も不安視(05/26)

小康・5カ年計画は達成可能 発改委、コロナ禍でも発展に自信(05/26)

中国系の太陽光発電事業を認可、出力60MW(05/26)

【日本の税務】消費税の免税について(05/26)

人民元基準値、12年ぶり安値(05/26)

鴻海、非米国製半導体設備の商機捕捉へ(05/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン