• 印刷する

建設分野の統合情報システム、政令で規定へ

インドネシアの建設業振興委員会(LPJK)によると、政府は来月にも建設分野の統合情報システムに関する政令を公布する。建設に関連する全ての事業者に対し、材料や機械、人材、業績などの情報提供を義務付け、建設分野の政策立案や事業に役立つ情報システムの構築を目指す。11日付ビスニス・インドネシアが伝えた。

LPJKのルスラン委員長は「政令は10月に公布され、1~2年後には全面的に施行される見通しだ」と述べた。「これまで政府や協会などが作成したデータはばらばらだった。例えば材料については、今後はセメントや鉄などの材料メーカーの情報も統合されるため、より安く効率的に材料調達が可能になるはずだ」と話した。

公共事業・国民住宅省建設育成局のシャリフ局長によると、公共事業省は国内で稼働している重機の台数を正確に把握するため、オンライン登録システムを整備する。「現在の重機の登録台数は2万8,000台。実際に稼働している台数の約35%にすぎない」と指摘した。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: その他製造建設・不動産IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:いつもと違うレバランだ…(05/26)

【この人に聞く】学校閉鎖で自宅学習の需要増 クイッパー、政府推奨も後押し(05/26)

【日本の税務】消費税の免税について(05/26)

入国時にPCR検査実施、迅速検査陰性でも(05/26)

職場の「新常態」衛生手順を規定、保健省(05/26)

PSBB緩和条件、2週間連続で感染者減少(05/26)

西ジャワ州の一部地域PSBBは29日まで(05/26)

救援機で帰還のミャンマー人、2千人余りに(05/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン