• 印刷する

対米報復関税の除外発表、潤滑油など16品目

中国国務院(中央政府)関税税則委員会は11日、米国からの輸入品に課している報復追加関税について、適用除外とする品目の「第1弾」を発表した。関税番号ベースで16品目が対象となり、潤滑油などが含まれる。税率引き上げに伴う国内産業への打撃緩和を図る。

追加関税の適用が除外されるのは、このほか飼料用魚粉や非イオン型有機界面活性剤、飼料用乳清、潤滑油の基油などで、除外期間は今月17日から来年9月16日までの1年間。このうち12品目については、輸入者が既に支払った追加関税の還付も行う。

今回の第1弾は、中国が昨年7、8月に貿易摩擦における米国への報復として発動した500億米ドル(約5兆3,900億円)分の追加関税品目のうち、輸入業者から除外申請のあった品目について関税税則委員会が審査し、国務院が除外を認めたもの。申請を受理するに当たっては◇代替品の確保が難しい◇深刻な経済損失がある◇関連産業が深刻な悪影響を受ける――の3点を企業や業界団体が明らかにするよう条件を設けた。

同委員会は今月2日から、「第2弾」の適用除外申請についても受け付けを開始している。第2弾では、中国が昨年9月に追加関税を発動した600億米ドル分の品目が対象となる。

今回発表された適用除外品目の詳細は財政省のウェブサイト<http://gss.mof.gov.cn/zhengwuxinxi/zhengcefabu/201909/t20190911_3384638.html>で確認できる。


関連国・地域: 中国-全国米国
関連業種: 自動車・二輪車食品・飲料マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

工業企業利益、1~4月は27.4%減(14:03)

新型コロナ感染者1人増、累計8万2993人(12:14)

出稼ぎ労働者が大量帰還 感染拡大、送金減少に懸念(05/27)

テイクオフ:朝は朝食屋に、夜は串焼…(05/27)

観光収入が1千億元消失 3カ月で、4月の訪台者過去最低(05/27)

カンダル州の火力発電所、6月建設再開も(05/27)

本土企業、香港上場ラッシュ 米国の対中制裁、「回帰」促す(05/27)

コロナ後も環境対策は緩めず 担当閣僚「経済の犠牲にしない」(05/27)

4月の台湾人出境、99%減の1.1万人(05/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン