• 印刷する

対米報復関税の除外発表、潤滑油など16品目

中国国務院(中央政府)関税税則委員会は11日、米国からの輸入品に課している報復追加関税について、適用除外とする品目の「第1弾」を発表した。関税番号ベースで16品目が対象となり、潤滑油などが含まれる。税率引き上げに伴う国内産業への打撃緩和を図る。

追加関税の適用が除外されるのは、このほか飼料用魚粉や非イオン型有機界面活性剤、飼料用乳清、潤滑油の基油などで、除外期間は今月17日から来年9月16日までの1年間。このうち12品目については、輸入者が既に支払った追加関税の還付も行う。

今回の第1弾は、中国が昨年7、8月に貿易摩擦における米国への報復として発動した500億米ドル(約5兆3,900億円)分の追加関税品目のうち、輸入業者から除外申請のあった品目について関税税則委員会が審査し、国務院が除外を認めたもの。申請を受理するに当たっては◇代替品の確保が難しい◇深刻な経済損失がある◇関連産業が深刻な悪影響を受ける――の3点を企業や業界団体が明らかにするよう条件を設けた。

同委員会は今月2日から、「第2弾」の適用除外申請についても受け付けを開始している。第2弾では、中国が昨年9月に追加関税を発動した600億米ドル分の品目が対象となる。

今回発表された適用除外品目の詳細は財政省のウェブサイト<http://gss.mof.gov.cn/zhengwuxinxi/zhengcefabu/201909/t20190911_3384638.html>で確認できる。


関連国・地域: 中国-全国米国
関連業種: 自動車・二輪車食品・飲料マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

8月のエネルギー生産、原炭は5%増(16:30)

NNA創業30周年、東京で記念レセプション(16:06)

テイクオフ:北京の昔ながらの路地「…(09/16)

中国との国境貿易、橋襲撃後に運送費が高騰(09/16)

国有企業が香港投資を強化か 経済支援で、存在感増大の懸念も(09/16)

米中が貿易問題で歩み寄り 関税上げ延期、農産物輸入は再開(09/16)

混乱の原因に「住宅」、業者を批判=新華社(09/16)

企業検査の透明性向上へ、国務院が指導意見(09/16)

海外からの対中投資、1~8月は6.9%増(09/16)

日本の牛肉輸出が過去最高、アジア好調(09/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン