• 印刷する

ホンダ、オリックスとリースサービスを開始

HCILのゴエル氏(右)とオリックスインド法人のサンディープ・ガンビール社長が握手を交わした(HCIL提供)

HCILのゴエル氏(右)とオリックスインド法人のサンディープ・ガンビール社長が握手を交わした(HCIL提供)

ホンダの四輪車のインド法人ホンダ・カーズ・インディア(HCIL)は10日、オリックスと提携し、自動車のリースサービス提供を開始すると発表した。オリックスはインドで自動車リースやレンタカー事業を展開している。

対象となるモデルは、スポーツタイプ多目的車(SUV)「CR―V」、ミッドサイズセダン(UC)「シティ」、3月にインドで発売したエグゼクティブセダン(LD)「シビック」の3車種。法人向けと個人向けの両方のサービスを展開する。また、サービスの一環として、利用者の要望に応じ、保険やメンテナンスなどのサービスも提供する予定だ。

HCILの上級副社長で販売・マーケティングのトップを務めるラジェシュ・ゴエル氏は、「リースサービスで気軽に最新モデルに乗る楽しみを味わってもらいたい」とコメントした。


関連国・地域: インド日本
関連業種: 自動車・二輪車サービス

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インド経済に関するデー…(09/23)

建機部品のアジア輸出拠点へ 伊藤鋳造鉄工所、新工場で加工も(09/23)

法人減税で民間投資の促進へ 1.5兆ルピー規模、財政悪化の懸念も(09/23)

南部に医療インフラ拠点、日本輸出で初(09/23)

エーザイ、抗がん剤の販売で米マイランと提携(09/23)

鉄鋼ブルースコープがカルテル強要=競争委(09/23)

日通が地場同業に22%出資、国内物流を拡大(09/23)

国道公団、用地未取得の事業打ち切りへ(09/23)

マルチスズキ、祭事期に小型SUV投入(09/23)

タタ、5車種で装備充実の「プロ」仕様導入(09/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン