• 印刷する

テイクオフ:広州のオフィス近くにあ…

広州のオフィス近くにあるファストフード店のテラス席は、午後になると出前配達員のお兄さんたちでにぎわう。店のメニューを注文するわけでもなく、昼食の配達で疲れた体をただ椅子に預け、夜に向けて英気を養うのだ。

中国では近年、製造業からデリバリー業に労働者が流出しているといわれる。仕事の時間や量を比較的自由に裁量でき、歩合で稼ぐ働き方が好まれるのか。スマホを使ったITサービスで日本の先を行っているように見える中国だが、経済の根底を支えているのは人海戦術であることに今も昔も変わりはない。

急速に高齢化が進む中、ITを使ったデリバリー需要は今後ますます増えるだろう。一方で労働集約型の今のやり方は、製造業と同様に早晩行き詰まるに違いない。ドローンやロボットの台頭が先か、それとも店先で昼寝する彼らが老いるのが先か。(羊)


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:上海で生活ごみの分別回…(07/14)

中国開発銀、アクレダ銀に1.3億ドル融資(07/14)

工業ネット、大手100社で導入 工情省が今年の作業計画(07/14)

中国国境の新通関システム、来年導入へ研修(07/14)

洪水被災者、3873万人に(07/14)

自貿区の外資導入、1~5月は18%増(07/14)

分散型台帳の新決済技術、商業化にめど(07/14)

電気バスのPMI、5年後見据え技術開発(07/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン