豪の所得税減税と低金利、効果は今年後半に

オーストラリア連邦政府が進める1,580億豪ドル(約11兆6,590億円)規模の所得税減税と、史上最低となる1%の政策金利は今年後半に効果が表れ、2019年通年の成長率は2.4%に上昇する――。金融UBSが予測している。最新の成長率は年率で1.4%と急落しているが、本年度だけで78億…

関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

豪ヴァージン、羽田―ケアンズ便を検討か(17:17)

〔政治スポットライト〕豪州、国連気候サミットでの演説禁止に(17:47)

【会員情報NOW!】「現場で顧客と一緒に課題解決」日立建機(21:35)

テイクオフ:シドニー国際空港の到着…(09/19)

富士フイルム、豪州企と契約 再生医療製品の開発・販売(09/19)

カンタスとヴァージン、羽田便を申請(09/19)

多国籍企、移転価格で国税局に譲歩要請(09/19)

BHP、排出削減の厳格化は株主決議を回避(09/19)

石炭ニューホープ、通期41%増益(09/19)

加企、シドニーCBDの駅ビル建設を落札(09/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン