• 印刷する

テイクオフ:インドで本を探すのは楽…

インドで本を探すのは楽しい。日本での販売価格と比較してかなり割安に購入できるだけでなく、小説ならばインド限定の表紙、日本でも流通のある英英辞書やインド政府認定の高校の教科書などには、コレクター魂がくすぐられる。

そうした、おそらく誰も欲しがらないであろう本をせっせと集めてきたが、先日届いた本の表紙に「南アジア限定版」の文言を見つけた。よく読むと、「インド、ネパール、ブータン……などの南アジア諸国に限定して流通を許可する」というような説明があった。

もしやと思い他の本も引っ張り出してみると、約半数に「該当地域以外での流通を禁ずる」とか「パキスタンでは販売禁止」とある。日本への持ち込みは許可されているのか、隣国での販売禁止の理由は何なのか。不明点は尽きないが、もしパキスタン限定版があるのなら、それはそれで欲しいと思う。(円)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

NNA創業30周年、東京で記念レセプション(16:06)

テイクオフ:自動車や食品・日用品(…(09/16)

進む日本のインド人採用 難関校で説明会、新興企業にも光(09/16)

ヤマハ、南部工場で3年間の賃金協定を締結(09/16)

米フォード、グジャラートの工場を売却か(09/16)

MGモーター、電動SUVの年内投入を計画(09/16)

アポロタイヤ、新車市場低迷も投資を継続(09/16)

eリキシャ、25年に100万台市場に成長へ(09/16)

配車オラ、カルナタカ州でレンタカー事業(09/16)

11月に車両規制へ、大気汚染対策をナンバーで(09/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン