• 印刷する

テイクオフ:コンビニでたばこを買い…

コンビニでたばこを買い、封を開けると中がとんでもないことになっていた。1本1本きれいに並んでおらず、何本か折れている。30年近く、ほぼ毎日、新しいたばこの箱を開けてきたが、こんなことは初めてだ。

当地のたばこは外箱を開けると、中はウエットティッシュのようにシールで開閉できるようになっている。外箱の中の包装も、日本やフィリピンなどのように銀紙ではなく、シールと同じプラスチックっぽい素材。中のプラスチックがうまく外箱に収まっていない状態で、たばこを無理に押し込んだようだ。検品で見逃されたのだろう。

珍しい体験だが、折れて吸えないたばこが20本中5本もあったことがショックだ。当地のたばこの価格は、シンガポールよりは安いが、インドネシアやフィリピンより高い。たばこの価格と連動して給与も上がれば良いが、そうは問屋が卸さない。(谷)


関連国・地域: マレーシア
関連業種: その他製造小売り・卸売り社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:弊社が入居するオフィス…(10/22)

【日本の税務】中国との社会保障協定の発効について(10/22)

日野自、小型バスの試験運行 公共交通向けの需要取り込みへ(10/22)

一帯一路でマの重要性増、MUFGセミナー(10/22)

エアアジア、印の北東部から4都市に定期便(10/22)

3Qの製造業景況感、08年4Q以来の低水準(10/22)

消費者心理は4期連続悲観圏、2年ぶり低水準(10/22)

RM1=26.0円、$1=4.18RM(21日)(10/22)

イケア、ジョ州のSC開発に3億リンギ投資(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン