• 印刷する

りそな子会社、東南アで融資残高1000億円へ

「10年以内に融資残高1,000億円を目指す」と意気込みを語るりそなマーチャントバンクアジアの清水正幸社長=5日、シンガポール中心部(NNA撮影)

「10年以内に融資残高1,000億円を目指す」と意気込みを語るりそなマーチャントバンクアジアの清水正幸社長=5日、シンガポール中心部(NNA撮影)

りそな銀行が、シンガポールの完全子会社りそなマーチャントバンクアジアを通じて東南アジア諸国連合(ASEAN)で融資を拡大する。域内に進出する日系の中小企業が増加し、資金調達の需要が拡大していることが背景にある。10年以内に融資残高を、現在の約7倍に当たる1,000億円まで引き上げる考えだ。

事業拡大に先立ち、りそな銀行は8月、融資や合併・買収(M&A)を手掛けるりそなマーチャントバンクアジアに100億円を増資。資本金を約160億円に引き上げた。

りそなマーチャントバンクアジアの清水正幸社長はNNAに対し、「日本と同様に中小や零細企業が主なターゲット層だ。M&Aに関しては特にマレーシア、シンガポールでの地場企業の売却ニーズを、りそなグループの日本の取引先につなげることに特化する」と語った。

M&A業務では、年間6~7件を成約したい考えを示したほか、人員を増強する可能性も示唆した。融資残高については「10年以内に現行の150億円から1,000億円に拡大する」と明らかにした。

りそな銀行は、17年にシンガポールのノンバンク、AFCマーチャントバンクを買収し、りそなマーチャントバンクアジアを設立。現在の従業員数は37人で、うち日本人は10人だ。


関連国・地域: シンガポール日本
関連業種: 金融

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:新型コロナウイルスによ…(02/17)

感染者が入国制限前の4倍に 警戒水準維持、事業活動に支障(02/17)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(16日正午) 世界で感染拡大、欧州で初の死者(02/17)

新型肺炎でリセッション入りも、リー首相(02/17)

日系52%、在宅勤務を実施・準備(02/17)

累計75人、新たに3人(16日正午)(02/17)

累計72人、新たに5人(15日正午)(02/17)

農園ゲンティン、サバ州合弁工場の全株取得(02/17)

累計67人、新たに9人(14日正午)(02/17)

ポスの航空機整備部門、SIAエンジが出資(02/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン