ムセ幹線道で略奪、緊張緩和も住民は不安視

ミャンマー北東部シャン州ラショーと中国国境ムセを結ぶ幹線道路上で3日、物資を載せたトラックなど車両7台が、武装した集団に略奪され、放火される事件が発生した。シャン州で国軍と対立していた少数民族武装勢力からなる北部同盟は2日に、攻撃の停止を宣言したが、住民はなお…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 運輸政治


その他記事

すべての文頭を開く

離島を「スー・チー島」に、地元で要望(16:40)

社会福祉相乗せたヘリ、ラカイン州で攻撃(18:29)

キリン合弁、19年度28%増益 20年度も2ケタ成長図る(02/20)

政府、中国との観光客の往来禁止を検討(02/20)

大型行事の延期相次ぐ、新型肺炎拡大で(02/20)

バゴーでの靴・縫製品生産など7件認可(02/20)

ヤンゴンで初の地下道整備、事故減少に期待(02/20)

西部紛争地域、ネット遮断で犠牲者増=国連(02/20)

国内初のVR娯楽施設、ヤンゴンで開業(02/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン