友嘉、域内外の3工場を年内に稼働へ

工作機械の世界大手、友嘉実業集団(フェアフレンド)の朱志洋総裁はこのほど、台湾とインド、中国で建設している新工場を年内に順次稼働するとの見通しを示した。3工場への総投資額は1億米ドル(約106億3,200万円)以上。稼働後の年間生産額は計100億台湾元(約338億円)を超え…

関連国・地域: 中国台湾インド
関連業種: 自動車・二輪車電機その他製造マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「あなた、このへんに住…(10/22)

【日本の税務】中国との社会保障協定の発効について(10/22)

9月の輸出受注が5%減 全項目のマイナス成長続く(10/22)

EUとの5G提携、2期計画を近く始動へ(10/22)

元レイ精密、10億元で中科の工場拡張(10/22)

台塑、米国にPVC一貫工場の建設計画(10/22)

枝豆飲料を日本売り込みへ、農委会(10/22)

南僑、台湾最高値の即席麺を発売へ(10/22)

仁宝系の瑞宝、南部初の細胞治療拠点開設へ(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン