• 印刷する

関税局、廃棄物持ち込みの監視チーム設置

フィリピン財務省傘下の関税局(BOC)は、有害物質や廃棄物が海外から持ち込まれていないかどうかを監視するための特別取り締まりチームとして、環境保護・法令順守部門を設置したと明らかにした。 

ドミンゲス財務相は「特別取り締まりチームは関係省庁とともに常時監視し、危険で有毒な廃棄物が持ち込まれることを防ぐ役割を担う」と述べた。関税局のゲレーロ長官は先月、フィリピンが他国から廃棄物が持ち込まれることを防ぐための特別取り締まりチームの設置を指示していた。

ゲレーロ長官は、東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国に対しても、麻薬取引の防止と並んで、廃棄物持ち込みに対する取り締まりを強化すべきだと呼び掛け、マレーシアなどから前向きな反応を得ていた。


関連国・地域: マレーシアフィリピン
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

マニラ空港拡張が白紙に 政府と財閥連合、事業費巡り対立(07/10)

コロナ感染新たに1395人、累計5万1754人(07/10)

国営病院、新型コロナ患者の病床が逼迫(07/10)

現金給付巡る違法行為、地方自治体で多発(07/10)

Gキャッシュによる納税倍増、1~6月(07/10)

メトロバンクとBDO、米ドル建て社債発行(07/10)

中国との農業技術協力、プログラム再開(07/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン