• 印刷する

《日系進出》愛媛日産が海外初進出、整備や板金塗装

愛媛日産自動車(松山市)は、ミャンマー最大都市ヤンゴンで今月以降、自動車整備と板金・塗装(BP)事業を開始する。地場企業との合弁事業で、愛媛日産にとっては初の海外進出となる。

現地法人「エナティック・オートモーティブ」を2月に設立した。資本金は約1億3,000万円で、愛媛日産が70%、地場NAアソシエーツが30%出資する。NAアソシエーツのネイ・アウン最高経営責任者(CEO)は、タクシー配車サービスなどを手掛けるオーウェイの創業者でもある。

合弁会社はヤンゴン西部ラインタヤ郡区の約1万2,000平方メートルの土地を利用して、約60人体制で事業を始める。愛媛日産は日本人5~6人を送り込む。

オーウェイは企業や個人から借り上げた自動車を、ドライバー付で貸し出すレンタカー事業を展開している。9月から開始する整備事業は、オーウェイが管理するヤンゴン管区の車両500台を対象とする。BP事業は12月の稼働を見込む。

来年4月には整備研修センターを開校する予定だ。1年かけて日本の「2級整備士」相当の技術を持つエンジニアを育てる。初年度は50人ほどを定員とし、需要の拡大に応じて受け入れ人数を増やしていく。

愛媛日産は愛媛県内で日産ブランド車の販売店を展開しているが、ミャンマーでの整備やBPは幅広いブランドを対象とする方針だ。


関連国・地域: ミャンマー日本
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

帰国者感染3人確認、累計206人=27日午前(14:33)

出稼ぎ労働者が大量帰還 感染拡大、送金減少に懸念(05/27)

家庭用電気料金、5月末まで一部無料化継続(05/27)

帰国者の感染2人増、累計203人=26日午前(05/27)

中銀、銀行支店に警報システム設置を指示(05/27)

ヤンゴン新都市開発、年内始動を視野(05/27)

電子納税を拡大、AYA銀でも可能に(05/27)

10月~5月上旬のコメ輸出量、180万トン超(05/27)

マンダレー首相侮辱のFBユーザー告訴(05/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン