• 印刷する

テイクオフ:レジ袋を有料化する動き…

レジ袋を有料化する動きが拡大しつつある日本に先行し、アジアでは、プラスチック製レジ袋の使用を規制している国が少なくない。過去に駐在した国を見ても、フィリピンの首都圏では約5年前からプラ製レジ袋を禁止。インドでは使い捨てプラ全般を規制する動きがあり、紙製の容器やストローを提供するカフェも多い。

一方、タイはやや出遅れた印象で、今もコンビニでペットボトル飲料を買うと、使い捨てのストローが付いてくる。ただ環境意識は急速に高まりつつあるようで、先週の出張時にはごみや環境関連の報道を毎日のように目にした。

背景には、人気を集めていたジュゴンの赤ちゃんがプラごみの誤飲で死んだことがある。紙製の袋は破れやすく、マイバッグも面倒だが、便利さを犠牲にしても優先されるべきものがある。タイで市民の意識改革が一気に進む気配を感じた。(中)


関連国・地域: タイフィリピンインド日本
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

【コロナを超えて】ファミマ、「質」磨き売上増 コロナで来店者減も客単価は拡大(08/11)

三菱UFJ銀、新興企業向け融資で新会社(08/11)

北部3州で感染ゼロから拡大 1人から45人、今後も増加か(08/11)

7月新車卸売り台数が9割増 前月比、在庫調整一段落し急増(08/11)

メコン地域の物流調査、貨物への影響軽微(08/11)

新潟の半導体工場売却へ、米オン・セミコンダクター(08/11)

ホンダ四輪、7月小売りは前月比62%増(08/11)

新型ミラーレス相次ぎ投入、動画撮影を強化(08/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン