• 印刷する

テイクオフ:模範囚の刑期を短縮でき…

模範囚の刑期を短縮できる法律がフィリピンには存在する。レイプや殺人の罪で1995年から服役していたラグナ州カラウアン元町長のサンチェス受刑者も仮釈放の対象となったが、国民の反発や司法省矯正局の不正疑惑などで出所は認められなかった。

日本にも仮釈放は存在するが、無期懲役の場合は一握りだ。一方、地元紙によると、同法が施行された2014年から19年までに2万2,000人超の受刑者が仮釈放され、うち2,000人弱が殺人やレイプなどの凶悪犯罪者だった。出所した殺人犯は約800人いる。

正義は一体どこにあるんでしょうか――。サンチェス受刑者の釈放について被害者の母親は涙ながらに訴えていた。今回の一件で、ドゥテルテ大統領が目指す死刑制度の復活論が加速する可能性もある。今後の行方に注目したい。(堀)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

北イロコス州の州都、厳格措置に逆戻り(10:51)

テイクオフ:オンライン会見はどうも…(11/26)

6千万人分のワクチン確保へ 政府準備、コロナ収束目指す(11/26)

PCR検査費用に上限設定、保健省(11/26)

アビガン治験開始、3カ月ずれ込み(11/26)

コロナ感染新たに1202人、計42万2915人(11/26)

トヨタ、SUV「ラッシュ」を改良(11/26)

フィリピン航空、民事再生法の申請検討(11/26)

高速料金の電子化、800カ所で対応完了(11/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン