• 印刷する

残留農薬の規格改定、規制対象を大幅拡大

中国農業農村省と国家衛生健康委員会、国家市場監督管理総局(市場監管総局)はこのほど、食品に含まれる農薬の最大残留限界に関する新たな国家規格を制定した。対象となる農薬の種類や規制項目を大幅に増やした。農業農村省が公式ウェブサイトで明らかにした。

今回制定した2019年版の国家規格では、483種類の農薬について、356種類の食品における7,107項目の最大残留限界を定めている。従来の16年版と比較すると、農薬の種類は50種類、最大残留限界の項目数は2,967項目増えたことになる。

19年版は中国で使用が認められた農薬を全て網羅しており、栽培量が少ない農作物や動物性食品、輸入食品についての規格を充実させるなどの改定も行った。対象となる農薬の種類と最大残留限界の項目数は、国際食品規格委員会(コーデックス委員会)が定める基準を初めて上回ったという。


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 食品・飲料化学農林・水産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

サイムダービー、中華圏で自動車事業拡大へ(17:05)

国家安全法、金融システム損なわず=金管局(19:58)

工業企業利益、1~4月は27.4%減(20:27)

新型コロナ感染者1人増、累計8万2993人(16:53)

出稼ぎ労働者が大量帰還 感染拡大、送金減少に懸念(05/27)

テイクオフ:朝は朝食屋に、夜は串焼…(05/27)

観光収入が1千億元消失 3カ月で、4月の訪台者過去最低(05/27)

カンダル州の火力発電所、6月建設再開も(05/27)

本土企業、香港上場ラッシュ 米国の対中制裁、「回帰」促す(05/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン