• 印刷する

リバネス、知財分野で地場法律事務所と提携

握手を交わすリバネス・シンガポールの徳江紀穂子マネジング・ディレクター(左から2人目)ら=29日、シンガポール中部(NNA撮影)

握手を交わすリバネス・シンガポールの徳江紀穂子マネジング・ディレクター(左から2人目)ら=29日、シンガポール中部(NNA撮影)

スタートアップ支援を手掛けるリバネス(東京都新宿区)の現地法人リバネス・シンガポールは29日、シンガポールのユサーン・オードリー法律事務所と、スタートアップ企業の知的財産権(IP)取得の支援業務で提携した。新興企業に対する包括的な支援を強化するのが狙いだ。

締結した覚書に基づき、新興企業向けのIP教育と、新興企業が知財権取得を行いやすい仕組みの開発を共同で行う。

ユサーン・オードリー法律事務所が新興企業のIP取得を専門的に行っていることに加え、政府と協力して法的な制度設計にも携わっていること、東南アジア全体のIPに深い知見を持つことから、提携を決めた。

リバネス・シンガポールの徳江紀穂子マネジング・ディレクターはNNAの取材に対し「2014年の当社設立から、継続的にスタートアップ企業を支援してきたが、IP分野が弱かった。ユサーン・オードリーとの提携で、包括的な支援をできるようになる」と話した。


関連国・地域: シンガポール日本
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

米商工会の7割超、新型肺炎で減収予測(17:02)

山梨県が販売拠点廃止、輸出増で方針転換(15:53)

【ダイヤモンド・オンライン】アップル新型肺炎で苦境、「最強調達戦略」はここまで中国に依存していた(15:01)

人件費削減、キャピタランドとSMRTも(13:59)

(表)世界の新型肺炎感染者数(26日正午) 山東省で日本からの訪問者隔離措置(02/27)

テイクオフ:2月も終わりに近づき、…(02/27)

【代替食品市場】世界初の「培養エビ肉」製造 新興シオック、22年商用化へ(02/27)

1~2月のFDI認可額、24%減の65億ドル(02/27)

累計93人、新たに2人(26日正午)(02/27)

在タイ日系企業、7割は中国出張を禁止(02/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン